SketchUp 基本的なツールバーの説明

Sketchupmenu00

Sketchupmenu01 [選択] ツール
他のツールやコマンドを使用しているときに、変更するエンティティを選択します。

Sketchupmenu02 [線] ツール

エッジまたは線エンティティを描画します。

Sketchupmenu03 [長方形] ツール

長方形の面エンティティを描きます。

Sketchupmenu04 [円] ツール

円エンティティを描きます。

Sketchupmenu05 [円弧] ツール

円弧エンティティを描きます。

Sketchupmenu06 [コンポーネント作成] ツール

複数のモデル内に配置できる再利用可能なモデルを作成できます。

Sketchupmenu07 [消しゴム] ツール

エンティティを消去します。

Sketchupmenu08 [メジャー] ツール

距離を測定したり、構築線や構築点を作成することができます。また、モデルを拡大/縮小することもできます。

Sketchupmenu09 [ペイント] ツール

マテリアルや色をエンティティに割り当てます。

Sketchupmenu10 [プッシュ/プル] ツール

面エンティティを押したり引っ張ったりして、3D モデルの体積を増減します。

Sketchupmenu11 [移動] ツール

エンティティを移動、伸縮、コピーします。

Sketchupmenu12 [回転] ツール

エンティティを円周上のパスに沿って回転、伸縮、コピーできます。

Sketchupmenu13 [オフセット] ツール

元の線から一定の距離のところに線のコピーを作成します。

Sketchupmenu14 [オービット] ツール

モデルを中心にしてカメラを回転します。

Sketchupmenu15 [パン表示] ツール

カメラ (視野) を垂直または水平に移動します。

Sketchupmenu16 [ズーム] ツール

カメラ (視野) を内側または外側に移動します。

Sketchupmenu17 [全体表示] ツール

[全体表示] ツールを使用すると、モデル全体が画面内に収まり、かつ描画ウィンドウの中央に配置されるようにビューをズームできます。

Sketchupmenu18 [現在のビューを取得] ボタン

[現在のビューを取得] ボタンを使用すると、Google Earth に現在表示されているビューの 2D スナップショットや 3D スナップショットをキャプチャできます。

Sketchupmenu19 [地形の切り替え] ボタン

[地形の切り替え] ボタンを使用すると、Google Earth のスナップショット イメージを 2D と 3D の間で切り替えることができます。

Sketchupmenu20 [モデルを配置] ボタン

[モデルを配置] ボタンを使用すると、作成した SketchUp モデルを Google Earth に配置できます。

Sketchupmenu21 [モデルを取得] ボタン

[モデルを取得] ボタンを使用すると、3D ギャラリーからモデルをダウンロードできます。

Sketchupmenu22 [モデルを共有] ボタン

[モデルを共有] ボタンを使用すると、モデルを 3D ギャラリーにアップロードできます。

<参考>

http://ja.download.sketchup.com/OnlineDoc/gsu6_win/gsuwin.html



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください