SQL Server 2000 のログファイルが圧縮しても小さくならない

ある日気づいたら、SQL Server 2000 のデータドライブが満杯に近づいていました。
50GBくらいのドライブだったので、大きなディスクに変えればいいのですが、
原因ファイルを調べたら。。。。.LDFファイルで、ログファイルです。
ログのために、わざわざ、ディスク交換はと思い、同僚に聞きまくっていたら、調べてくれました。
復旧モデルを「フル」から「シングル」に変更し、再度、圧縮すると、劇的に小さくなりました。
対象のデータベースを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

sql2000pack01

「オプション」タブを選択し、「復旧モデル」で「シンプル」に変更し、「OK」をクリックします。
これは少し時間がかかります。

sql2000pack02

データベースを右クリックし、「すべてのタスク→データベース圧縮」を選択します。

sql2000pack03

以下の画面で「OK」をクリックすると圧縮を開始します。
なんと、圧縮後、45GBあったファイルが500MBになっていました。

sql2000pack04

 

たぶん、以下のサイトを参考にしたと思います。

http://d.hatena.ne.jp/fyts/20080318/log

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください