事前の同意なしに広告メールの送信を禁止する特定電子メール法の改正案

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0805/30/news109.html

迷惑メール規制が相当厳しくなったようです。
主な内容は以下のとおりですが、なんでもないメールが相手の受け取り方で処罰の対象になるかもしれません。
気をつけなければ・・・

1)広告メールに送信する際に利用者の事前同意が義務付けられるほか、同意内容の作成・保管が義務付けられます。

2)調査機関が利用者の電子メールなどの情報提供をプロバイダなどに提出要求できるほか、違反者に対して報告提出の要求や立ち入り検査を実施できるようになりました。

3)違反した法人への罰金が強化され、現行の100万円以下から3000万円以下に、虚偽報告の場合も同30万円以下から100万円以下に引き上げられました。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください