共有フォルダの隠しファイル

隠しファイルにしていてもネットワーク上のパソコン上からは隠しファイルが見えてしまうことがあります。
表示/非表示は開く側のパソコンの設定次第なので、共有元で隠しファイルを非表示にしていても見えてしまいます。
対策としては、共有フォルダの中にある対象のフォルダを右クリックし、[共有とセキュリティ]を選択します。
[ローカルでの共有とセキュリティ]の項目にある[このフォルダをプライベートにする]のチェックボックスをオンにすることで、共有フォルダの中にあるファイルでも、別のパソコンからアクセスして開けなくなります。

kakusi-folder06



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください