フリーソフト「Exma」を使ったOutlookExpressのデータ移行

http://hp.vector.co.jp/authors/VA022434/html/main.htm

フリーソフト「Exma」を使ったOutlookExpressのデータ移行方法を説明します。
Exma4.exe を起動すると以下の画面が起動しますので「Backup」を選択し、ユーザー(通常:メインユーザー)を選択し、「OK」をクリックします。
bw_uploads_exma01

以下の画面が表示されたら、気にせず「OK」をクリックします。
デフォルトではデスクトップに「Exma_bkup」フォルダが作成されバックアップされますので、そのフォルダを移行先のパソコンにコピーします。
bw_uploads_exma02

移行先のパソコンで「Exma」を起動し、「Restore」を選択し、ユーザー(通常:メインユーザー)を選択し、「OK」をクリックします。
bw_uploads_exma03

バックアップフォルダの下のユーザー(通常:メインユーザー)を選択し、「OK」をクリックします。
bw_uploads_exma04

以下の画面で「OK」をクリックします。
bw_uploads_exma05

以下の画面でどちらかを選択するとデータを取り込みます。
bw_uploads_exma06

ただし、現在、XP SP2ではお気に入りは取り込まれないようです。
お気に入りの移行は、IE標準の機能を使うのが無難です。
また、メールアカウントは追加されますので、取り込み先にメール設定しているとダブってしまいます。
なお、メールパスワードは取り込まれませんので、再設定してください。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください