eSATA インターフェイスの実力

http://www.logitec-direct.jp/product/productDetail.cfm?pno=LHR-DS01SAU2

ロジテックのeSATA対応のディスクケース買ったのですが、eSATAは速いですね。
と同時に、USBがこんなに遅いとは・・・
この製品はUSBとeSATAで接続可能なんですが、
Windows標準のバックアップで、ディスクケース搭載のHDDにバックアップしてみました。
まず、USB接続で170Gのバックアップが2日かかりました。
それが、eSATA接続にしたら、なんと、4時間です。

bw_uploads_lhrds01-01

http://buffalo.jp/products/catalog/storage/ifc-pci2es/

インターフェイスはPCIバスだったのですが、PCI Expressだったら、もっと速かったんだろうな・・・

ちなみに、eSATA(External SATAの略)とは、外付けに特化した規格で、SATAネイティブな規格のため、信号変換によるオーバーヘッドがなく、外付けでもマザーボード直結に匹敵する高いパフォーマンスを実現するようです。

img_20080304T145417274



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください