Outlook Express のデータファイル圧縮

 

Outlook Express は、受信メールや送信済みメールが多くなりすぎると送受信できなくなったり、エラーが発生したりします。
そこで、Outlook Express データファイルの確認方法と安全な圧縮方法を説明します。

Outlook Express メニューの「ツール→オプション」を選択します。

oe-size01

オプション画面の「メンテナンス」タブを選択し、「保存フォルダ」をクリックします。

oe-size02

Outlook Express データファイルの保存場所が表示されますので、その文字列を選択して、「CTRL+C」(コピー)を押します。

oe-size03

そして、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択します。

oe-size04

以下の画面で、「CTRL+V」(貼り付け)を押し、「名前」の欄にOutlook Expres s データファイルの保存場所が張り付いたら、「OK」をクリックします。

oe-size05

以下のようにOutlook Express データファイルの保存場所が開きますので、それぞれのデータファイルのサイズが確認できます。
今回は「受信トレイ」を圧縮してみます。

oe-size06

Outlook Expressで「ローカルフォルダ」を右クリックし「フォルダの作成」を選択します。

oe-size07

フォルダ名に一時退避と入力し「OK」をクリックします。

oe-size08

「受信トレイ」を選択し、受信メールを1件選択します。

oe-size09

「CTRL+A」を押すと全ての受信メールを選択状態になりますので、「一時退避」フォルダにドラッグします。すると、メールの移動が完了すると受信メールは空になります。

oe-size10

Outlook Expressをいったん終了させ、「受信トレイ.dbx」を削除します。

oe-size11

Outlook Expressを起動すると「受信トレイ」が再作成されます。

「一時退避」フォルダを選択し、受信メールを1件選択します。

oe-size12

「CTRL+A」を押すと全ての受信メールを選択状態になりますので、「受信トレイ」フォルダにドラッグします。すると、メールの移動が完了すると受信メールは元の状態になります。
受信トレイのデータファイルサイズも圧縮されています。
なお、再作成されることにより、メールデータの不明なエラーも解消されることがあります。

oe-size14



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください