何度も強制終了してWindowsが起動しなくなった・・・復旧

UPSが故障したみたいで、何度も強制終了していたら、
Windowsが起動しなくなったと問い合わせがあり、対応しました。
復旧方法は、症状によりさまざまでしたが、今回は相当重症でした。
OSはWindows2000です。

電源投入後、F8キーでセーフモードで起動し、チェックディスクで
修復することがあるのですけど、今回はセーフモードでも起動しませんでした。

上記と同じ方法で、コマンドプロンプトで起動し、「CHKDSK /F」で
修復することがあるのですけど、今回はコマンドプロンプトでも起動しませんでした。

Bart’s PE Builder」で作成したCD起動のWindowsから起動し、「CHKDSK」で修復しましたが、修復できませんでした。
DSC00260

他のパソコンにHDを接続し、チェックディスクで修復しましたが、修復できませんでした。

とうとう、修復セットアップでの対応です。

Windows2000のセットアップCDより起動し、「修復」を選択し、
修復しましたが、修復できませんでした。

さらに重症なときの修復セットアップを行います。
Windows2000のセットアップCDより起動し、最初に「修復」を選択する画面は、
「続行」を選択し、再度「修復」を選択する画面が表示されますので、
そこで「修復」を選択します。
Windowsが起動するようになりました。
同じユーザーで起動しましたが、デスクトップなどはまっさらでした。
たぶん、ユーザープロファイルが修復不可能なまでに壊れていたと思われます。
「C:¥Documents and Settings」のユーザープロファイルのフォルダは残っていたので、
デスクトップ上のデータ関係は復旧することが出来ました。
共有設定は残っていました。

長い修復作業でした。。。ほっ



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください