フリーソフト「ParaFla」 による簡単なスライドFlashの作り方

Flash作成ソフト「ParaFla」は、余計な機能がなく簡単にFlashが作成できます。
http://www.geocities.jp/coa9999/parafla.html

以下に簡単なスライドFlashの作り方を説明します。

まず、画面左下の領域に素材の画像をドラッグします。
Parafla1

ドラッグした画像を右クリックし「イベントの追加」を選択すると、右側のイベント一覧に登録されていきます。
Parafla2

イベント一覧より登録したイベントをダブルクリックすると、以下のイベントのプロパティが表示されますので、そこで画像のいろいろな動きを定義できます。
「フレームカウント」が表示の長さみたいなものと思ってください。とりあえず、12を設定します。
このイベントでは画像が左から中央へ移動するようにしますので、描画位置のXに竏窒S00を設定します。
他にもいろいろな動きが設定できますので、動きを確認しながら設定してみてください。
最後に「適用」をクリックすると設定完了です。
Parafla3

「ファイル→プロジェクトのプロパティ」で基本設定ができます。
Parafla4

ここでは、画像サイズが400×245picなので、それにあわせ幅、高さを設定します。
Parafla5

動きを確認したいときは「プレビュー→プレビューウィンドウ」を選択します。
Parafla6

納得できるFlahが出来上がったら、「ファイル→SWFファイル作成」でFlash完成です。
Parafla7

なお、編集状態をとっておきたい時は、「ファイル→名前を付けて保存」で保存できます。
次回、「ファイル→プロジェクトを開く」で編集の続きが出来ます。



コメント

フリーソフト「ParaFla」 による簡単なスライドFlashの作り方 — 2件のコメント

  1. ピンバック: 「新・よろずや工房」のPCカルテ » ホームページ製作のお仕事 ・・・ レストラン「ゴンジャ」

  2. ピンバック: 「新・よろずや工房」のPCカルテ » CMYK⇔RGB色変換サービス

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください