FINALDATAで削除したファイルを復元

FINALDATAで削除したファイルを復元してみました。
復元率はナンバーワンのようです。
しかし、削除後、その領域を上書きすると復元されないので、復元するHDをFINALDATAのインストールされた他のパソコンに接続して行ないましょう。

FINALDATAを起動したら、メニューより「ファイル→開く」を選択します。
finaldata1

以下の画面で復元するディスクを選択し「OK」をクリックします。
finaldata2

パーティションの検出を行ないます。
finaldata3

パーティションの検出が終わると以下の画面でなりますので、復元したいパーティションを選択し「OK」をクリックします。
finaldata4

以下の画面で「OK」をクリックするとディスクを検索します。
この処理は少々時間がかかります。
ちなみに、120Gのパーティションで12時間かかりました。
finaldata5

検索が終わると以下の画面になりますので、「ルートディレクトリ」を選択し、右ペインに表示されたフォルダやファイルをすべて選択し、右ボタンをクリックして「復元」をクリックします。
finaldata6

復元する場所を選択し「復元」をクリックします。
復元する場所は、別のディスクなどにします。
finaldata7

これで指定したパーティションのファイルがすべて指定したフォルダに復元されました。
やはり、削除後、上書きされたと思われる場所からは復元できていなかったようです。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください