OutlookExpress でエラー「0x800C013A」

OutlookExpress で以下のようなエラーがでてメールの送受信ができないとのこと

0x800c013a

「0x800C013A」でぐぐってみると、以下にヒントがありました。
http://pcone.web.fc2.com/OE.html
OutlookExpress データベースが壊れている可能性が高いようです。
対象は、受信トレイアイテム・送信トレイアイテム・送信済みアイテムのdbxファイル
とのことですが、今回は、削除済みアイテムのdbxファイルを再作成したら回復しました。

以下に受信トレイを例にとり、dbx再作成手順を説明します。
まず、dbxの場所を調べます。
メニューより、「ツール→オプション」を選択します。

oe0x800c013a01

「メンテナンス」タブを選択し、「保存フォルダ」をクリックすると、dbxの場所がわかります。

oe0x800c013a03

受信トレイのメールを退避させるフォルダを作成します。
「ローカルフォルダ」を右クリックし、「フォルダの作成」を選択します。

oe0x800c013a04

フォルダ名を入力し、「OK」をクリックします。
ここでは「退避」というフォルダにしました。

oe0x800c013a05

受信トレイのメールを「退避」フォルダに移動します。

oe0x800c013a061

OutlookExpress を終了し、保存フォルダで「受信トレイ.dbx」を削除し、再度、OutlookExpress を起動すると、「受信トレイ.dbx」が再作成されます。

oe0x800c013a07

退避フォルダから、受信トレイにメールを戻し完了です。

oe0x800c013a08



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください