ノートPCの液晶モニターを消さないように

ノートPCを使っていると少し離席するとモニターが消えてしまっていることがよくあります。

このようなときは、電源オプションで、「プレゼンテーション」モードにするかモニターの電源を切らないように設定すると勝手にモニターが消えてしまうということを避けられます。

デスクトップの何もないところを右クリックして「プロパティ」を選び、「画面のプロパティ」ダイアログの「スクリーンセーバー」タブを開いて「電源」ボタンをクリックします。
note-gamen-off

「電源オプションのプロパティ」ダイアログの「電源設定」タブを開いて「電源設定」で「プレゼンテーション」を選ぶか、「モニタの電源を切る」で「なし」を選んで「OK」ボタンをクリックします。
note-gamen-off2

これで、勝手にモニターが消えていることはなくなります。

ちなみに私は、荒っぽいですけど、電源接続の場合はすべてを「なし」に設定しています。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください