Excelでカード式の入力

Excelでも年賀状ソフトなどの住所録入力でよくみるカード式の入力フォームを使って表データを入力することができます。

カード型の入力フォームを開くには,表のどこかをクリックして選択し(1),「データ」メニューから「フォーム」を選びます(2)
excel-form1

1件目のデータが表示された入力フォームが表示されます。
「新規」ボタンを押します。
excel-form2

入力欄が白紙になり,新しいデータ(レコード)の入力画面になります。
excel-form3

データを順に入力します。
「Tab」キーを押すと,次の入力欄にカーソルが移動します。
最後の入力欄で「Tab」キーを押すと,「新規」ボタンが選択され,「Enter」キーを押すと,新しいレコードの入力画面になります。
excel-form4



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください