WordPressの記事変更時もTwitterに投稿できるプラグイン「WP to Twitter」

WordPressの記事をTwitterに投稿するプラグイン「WP to Twitter」は、記事変更時も投稿できるようです。

WordPressの記事をTwitterに投稿するプラグインで「Tweetable」「Simple Tweet」と試してみたのですが、新規投稿しかTwitterに投稿されません。
下書きしておいて投稿すると、Twitterに投稿すされませんでしたが、やっと、「WP to Twitter」でできました。

以下のページを参考に設定しました。

http://angeblanc.net/2010/01/08/wp-to-twitter/

インストールは、まず、WordPressのプラグインページへ行き、上の「新規追加」をクリックします。

wp2twitter01

キーワードの欄に「WP to Twitter」と入力し、「プラグインの検索」をクリックします。

wp2twitter02

一覧に「WP to Twitter」が表示されたら、それの右端の「インストール」をクリックします。

wp2twitter03

以下の画面で「今すぐインストール」をクリックします。

wp2twitter04

以下の画面で「プラグインを有効化」をクリックします。

wp2twitter05

WordPressの「設定→WP->Twitter」をクリックし、Twitter投稿設定をします。
以下、最低限の設定を紹介します。
詳しいオプションは、記事先頭の紹介記事を御覧下さい。
「Update when a post is published」「Update when a post is edited」にチェックを入れます。
その下のテキスト欄が記事投稿の設定です。
「#title# (#url#)」の後ろに「#post#」を追加しておくと、記事の概要も投稿されます。
そして、下のほうの「Save WP->Twitter Option」をクリックします。
最後に、その下の「Your Twitter username:」にTwitterのアカウントを入力し、
「Your Twitter password:(Saved)」にパスワードを入力し、
「Save Twitter Lonin Info」をクリックしたら、設定終了です。

wp2twitter07

しかし、WordPressのプラグインの追加が、すごく楽になりましたね。

設定はプラグインによりますが、プラグイン有効化までは、すべてクリックで済んじゃいます。



コメント

WordPressの記事変更時もTwitterに投稿できるプラグイン「WP to Twitter」 — 1件のコメント

  1. ピンバック: pc.casey.jp ≫ WordPress 更新情報をツイート

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください