Windows VistaでIPV6を無効化

Windows Vistaでは、IPV6が標準でインストールされていますが、
既存のネットワーク機器が対応していないため、
いろいろなトラブルの原因になるようです。
しばらくはIPV6を無効化して利用したほうが無難のようです。

IPV6を無効化は以下の方法で行います。

メニューより「設定→ネットワーク接続」を選択します。
ipv6muko1

「ローカルエリア接続」のアイコンを右クリックして、「プロパティ」を選択します。
ipv6muko2

[この接続は次の項目を使用します] の下の一覧の「インターネットプロトコルバージョン 6 (TCP/IPv6)」 コンポーネントのとなりにあるチェック ボックスのチェックをはずします。
「OK」をクリックして完了です。
ipv6muko3

<参考>
http://www.microsoft.com/japan/technet/community/columns/cableguy/cg1005.mspx#EFH



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください