タスクパネルを非表示にする

フォルダを開くとウィンドウの左側に「タスクパネル」が表示されます。
しかし、実際には使うことがほとんどないと思います。

そこで、タスクパネルを非表示にする方法を説明します。
フォルダを開いて「ツール」竏秩uフォルダオプション」を選びます。
「フォルダオプション」ダイアログの「全般」タブを開き、「作業」の「従来のWindowsフォルダを使う」をオンにします。
「OK」ボタンをクリックしてダイアログを閉じれば、それ以降開くフォルダにタスクパネルは表示されなくなります。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください