EXCELで生年月日から年齢を計算する「DATEDIF関数」

EXCELで生年月日から年齢を計算する場合、単純に引き算をしてユーザー定義書式で「yy歳」と設定してもダメです。
この計算式では誕生日の次の日にならないと年齢が加算されません。
引き算をするときに調整を行う必要があります。

実はEXCELには、年齢を計算する関数が用意されています。
それが、「DATEDIF関数」です。

使い方は、DATEDIF(誕生日,年齢を求めたい年月日,表示単位)で指定します。
表示単位には以下のような単位を指定します。
“Y” : 期間内の満年数
“M” : 期間内の満月数
“D” : 期間内の日数
“YM” : 経過した1年未満の月数
“YD” : 経過した1年未満の日数
“MD” : 経過した1月未満の日数(大文字でも小文字でもかまいません)

たとえば、
A1セルに生年月日、
B1セルに年齢を求めたい年月日、
C1セルに「=DATEDIF(A1,B1,”Y”) 」と入力すると、C1セルに計算された年齢が表示されます。

exceldatedif



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください