Windows Vista のオンラインでのエディションアップグレード「Windows Anytime Upgrade」

マイクロソフトがWindows Vistaのエディションをオンラインでアップグレードできる「Windows Anytime Upgrade」サービスを1月30日から開始すると発表しました。
そもそもVistaのインストールディスクには全エディションのデータが含まれており、インストールするときにプロダクトキーでエディションを判別しています。
この仕組みを利用して、デジタルキーを使ってエディションを変更します。
実行するには購入したパソコンに同梱される「Windows Anytime Upgradeディスク」が必要で、デジタルキーの購入は、パソコンメーカー各Webサイトから行います。
また、ホームユーザー向けのHome Basic/Premiumからビジネスユーザー向けのBusinessへの変更はできない。

アップグレードの対応と参考価格は下の通りで、実際の各メーカーのアップグレード価格はこれより若干安くなるかもしれない。Windows Anytime Upgradeは、Vistaの「スタート」メニュー→「Extrasとアップグレード」の中にあり、「コントロールパネル」の「システムとメンテナンス」からも起動できる。

「Windows Anytime Upgrade」の価格と新規購入価格は以下のようになり、
Home BasicからHome Premiumだと、新規で購入するより5800円割高になります。

「Windows Anytime Upgrade」の対応と参考価格表

・Windows Vista Home Basicから
    →Windows Vista Home Premium 9800円
    →Windows Vista Ultimate 2万3800円
・Windows Vista Home Premiumから
    →Windows Vista Ultimate 1万8800円
・Windows Vista Businessから
    →Windows Vista Ultimate 1万6800円

Windows Vista のエディション別新規購入価格

・Windows Vista Ultimate
  通常版:4万8800円 アップグレード版:3万1800円
・Windows Vista Business
  通常版:3万7800円 アップグレード版:2万5800円
・Windows Vista Home Premium
  通常版:2万9800円 アップグレード版:1万9800円
・Windows Vista Home Basic
  通常版:2万5800円 アップグレード版:1万3800円



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください