ネットワーク設定をワンタッチ切り替え

コマンドプロンプトから「netsh」コマンドを使うことによって、ワンタッチでネットワーク設定が変更できます。

例えば、現場と会社でノートPCを使う場合などがあると思います。

現場用のネットワークの設定にして、Windows XPのコマンドプロンプトを起動、次のようなコマンドを実行します。

netsh -c interface dump > c:¥genba.txt

これは、「netsh」コマンドの「interface」オプションで、現在のネットワーク構成を取得。「dump」オプションで出力した情報を、Cドライブ直下の「home.txt」という名前のテキストファイルに保存するスクリプトです。

基本的には、ネットワークのプロパティのTCP/IPの設定に関する部分が保存されます。

続いて、会社用のネットワーク設定に変更して、同様に次のコマンドを実行します。

netsh -c interface dump > c:¥office.txt

それぞれ、home.txt、office.txtというファイルに、自宅と会社のネットワーク設定が保存さます。

設定を切り替えるには、コマンドプロンプトを起動、切り替えたい設定を記したテキストファイルを指定して、次のコマンドを実行するだけです。

netsh -f c:¥genba.txt

いちいちコマンドを入力するのが面倒ならば、バッチファイル化すると簡単です。

上のコマンドを記したテキストファイルを用意し、拡張子を.batとして保存し、保存したファイルをダブルクリックをすれば、自動的にコマンドが実行されます。



コメントを残す