マイクロソフトのライセンス認証方法

KMS(キーマネジメントサービスキー)

団体のネットワーク上のマシンを1台、「KMSホスト」として設定し、KMSをインストールします。
そして他のネットワーク利用者(KMSクライアント)はKMSホストを通してライセンスを認証します。

MAK(マルチプル アクティベーションキー)

MAKは個別のパソコンがそれぞれインターネットなどを通じてマイクロソフトにアクセスし、ライセンス認証を行う方法です。
インターネットに接続する環境がない場合は、マイクロソフトに電話で問い合わせてライセンス認証コード(確認ID)を取得し、認証を行います。

https://www.techsoupjapan.org/ms_vl



コメントを残す