ギャラクシー SC-04F で位置情報を付加し写真撮影する

スマートホンでGPSをオンにし、位置情報を付加して写真撮影することにより、画像ファイルに経度、緯度情報が付加され、あとでその経度、緯度をナビに入力して道案内させるなどのことができます。

ナビなどにも登録されていないマイナーな場所で簡単に道案内させることができます。

それでは、ギャラクシー SC-04F で位置情報を付加し写真撮影する手順を説明します。

まず、画面の上端をスワイプし、「位置情報」をタップし、「ユーザー同意」に同意します。

Screenshot_2015-08-10-19-28-21 Screenshot_2015-08-10-19-28-22

そして、カメラを起動し、設定メニューで「位置情報タグ」をタップし、撮影します。

これで、位置情報を付加した写真が撮れました。

その画像を開き、「その他の情報」を見てみて下さい。

Screenshot_2015-08-10-19-28-29 Screenshot_2015-08-10-19-29-35

「場所」の欄に地図が表示され、下の方の「経度」「緯度」に情報が表示されています。

Screenshot_2015-08-10-19-29-54 Screenshot_2015-08-10-19-29-58

試しにパソコンでGooglaMapを表示させ、入力画面に「経度」「緯度」をカンマで区切って入力してみてください。

撮影場所が表示されます。

このように道案内しなくても、位置情報を付加した写真を送付するだけで、相手に場所を知らせることができます。

Screenshot_2015-08-10-19-29-59

逆に、「GPS」と「カメラの位置情報タグ」をONのまま、写真をブログやSNSにアップすると意図しない場所情報が全世界に公開されることになりますので、お気をつけて。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください