JkDefrag のコマンドライン版「JkDefragCmd」のオプション

JkDefrag のコマンドライン版「JkDefragCmd」のオプションは、

75%の実行速度でCドライブとDドライブをデフラグする場合、

JkDefragCmd.exe -s 75 C: D:

と指定します。

 

以下に主なオプションについて説明します。

 

-a N (たとえば -a 7)

処理内容を設定。 Nのところに1~11を設定すると以下のような処理となる。

デフォルトは3

1 = Analyze, do not defragment and do not optimize. (解析だけ)
2 = Defragment only, do not optimize. (デフラグだけ)
3 = Defragment and fast optimize [recommended]. (デフラグと最適化)
5 = Force together.
6 = Move to end of disk.
7 = Optimize by sorting all files by name (folder + filename).
8 = Optimize by sorting all files by size (smallest first).
9 = Optimize by sorting all files by last access (newest first).
10 = Optimize by sorting all files by last change (oldest first).
11 = Optimize by sorting all files by creation time (oldest first).

 

-s N (たとえば -s 75)

デフラグ速度(1~100%)。

デフォルトは100。

数字を小さくするとデフラグ速度が遅くなる=ほかの作業への影響が低くなる。

 

-e T (たとえば、「-e *.avi -e *.zip -e *.log」とか「-e D:MySQLData*」)

デフラグの処理を除外するファイル、フォルダを指定できます。

 

-u T

指定したファイル、フォルダのみをデフラグできます。

 

-f N

ボリュームの空きスペースを%で指定。デフォルトは1%。

 

<参考>

http://www.kessels.com/Jkdefrag/

http://zume.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300216248-1



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.