SUMIF(EXCEL関数)

SUMIF(範囲, 検索条件, 合計範囲)
指定された範囲の中で、検索条件に一致するセルの値を合計します。
合計範囲が指定されている場合は、その値を合計します。

書 式

範囲 評価の対象となるセル範囲を指定します。

検索条件 、数値、式、または文字列で指定します。式および文字列を指定する場合は、”>100″、”優” のように、半角のダブル クォーテーション (“) で囲む必要があります。

合計範囲 実際の計算の対象となるセル範囲を指定します。省略すると、範囲 内で検索条件を満たすセルが合計されます。

使 用 例

=SUMIF(A1:A5,”>100″ ) A1:A5の範囲の中で、100以上のものを合計します。

=SUMIF(A1:A5,”>100″,B1:B5) A1:A5の範囲の中で、100以上のものについて、B1:B5の対応するセルの合計をします。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください