COUNTIF(EXCEL関数)

COUNTIF(範囲, 検索条件)
指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返します。

書 式

範囲 セルの個数を求めるセル範囲を指定します。

検索条件 計算の対象となるセルを定義する条件を、数値、式、または文字列で指定します。式および文字列を指定する場合 は、”>32″、”Windows” のように、半角のダブル クォーテーション (“) で囲む必要があります。

使 用 例

次の例は、範囲 A1:A4 の A1 から順に “優”、”良”、”可”、”優” という文字列が入力されている場合、

COUNTIF(A1:A4,”優”) = 2

次の例は、範囲 A1:A4 の A1 から順に 150、10、120、90 という数値が入力されている場合です。

COUNTIF(A1:A4,”>100″) = 2

ただ、日付データに対してのワイルドカードが使えない。。。残念



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください