Twitter のアプリ連携で読み書き権を与える方法

WordPressを使っていて、プラグインで「Twitter Digest」と「WP to Twitter」を使っているのですが、
「Twitter Digest」はついっとした記事を指定した期間で取りまとめブログ投稿するプラグインで、
Twitterに対して読み込み権だけ必要なので簡単に連携認証できるのですが、
「WP to Twitter」はブログ投稿した記事をツイットするプラグインなので、
Twitterに対して書き込み権が必要です。
なお、このところ、Twitterもセキュリティが厳しくなってきて、けっこう、選定が面倒になってきていますのでメモておきます。
どうせ、また、変わると思いますが、、、、、、

まず、アプリ連携をするとアクセス権が「読取専用」になっています。
そこで、左下の「開発者」をクリックします。

twitapprwset01

以下の画面で右上のアカウントアイコンをクリックし、「My Application」をクリックします。

twitapprwset02

アプリ連携するには、「Consumer Key」「Consumer Secret」「Access Token」「Access Token Secret」が必要ですが、「Consumer Key」「Consumer Secret」は、以下の値を使います。

twitapprwset03

「Settings」タブを選択し、「Application Type」で「Read and Write」を選択し、「Callback URL」にはアプリのURL(ブログのURLでOK)を入力し、「Allow this application to used to Sign in with Twitter」にチェックを入れ、「Update this TWitter application’s settings」をクリックします。

twitapprwset04

「Details」タブを選択し、「Access level」が「Red and write」になっていることを確認し、下の方の「Create my access token」をクリックします。

twitapprwset05

twitapprwset06

以下のように「Access Token」「Access Token Secret」が表示されます。

twitapprwset07

ちなみに、以下がWordPressの「WP to Twitter」のプラグイン設定画面です。

twitapprwset08



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください