「Ctrl+Alt+Del」はフィッシング対策

Windows ログイン時の「Ctrl+Alt+Del」はフィッシング対策だそうです。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0809/13/news010.html

記事によると、Ctrl+Alt+Delというキーコンビネーションは、OS以外が制御することはできないから、ユーザーIDとパスワードを盗むことを目的とした、Windowsログオン画面とそっくりのUIを持つフィッシングプログラムが動いていても、それをブロックできることになります。

今は、Ctrl+Alt+Delを入力させずにログオン画面を表示するのが標準ですが、次の手順でWindows VistaでもCtrl+Alt+Delを復活させられます。

1)Vistaのスタートメニューにある「検索の開始」に「netplwiz」とタイプしてEnterキーを押す

2)「ユーザーアカウント」が開くので、「詳細設定」タブの「ユーザーが必ずCtrl+Alt+Delキーを押す」にチェック



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください