Expression Encoder 4 でライブ配信

ウェブカメラでのLAN内のライブ配信は、Expression Encoder 4 を使うと簡単のようです。
以下に詳しく説明がありました。
http://www.cosmosoft.org/Works/HDStreaming.aspx
Expression Encoder 4 は、以下からダウンロードします。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=27870
まず、Microsoft Expression Encoder 4 を起動し、三種類の選択肢から「ライブ ブロードキャスト プロジェクト」をクリックしてください。

expressionencoder01

プログラムの全体が表示されたら、プレビュー内の項目、「ライブソースの追加」をクリックしてください。

expressionencoder02

画面左上に空の「ライブソース1」が表示されたら、ビデオデバイスを選択し、オーディオデバイスを選択してください。
音量は1が最大です。

expressionencoder03

(1)画面右側のプリセットは最初に「システム」のタブが選択されているので、「ユーザー」のタブに切り替えてください。
(2)その下の出力のタブでは、(3)「ストリーミング」で(4)「ブロードキャスト」を選択してください。

expressionencoder04

(1)「ライブソース1」の[キュー]ボタンを押してください。
(2)プレビューの[開始]ボタンが押せる状態に変化しますので、押します。

expressionencoder05

プレビューの下にある接続のタブを表示し、LAN:のアドレスを確認してください。
このアドレスを他の PC の Windows Media Player で開くと、動画を再生することができます。

expressionencoder06

ライブを視聴する時は、Windows Media Player で[Alt]キーをワンタッチしてメニューを表示し、「ファイル(F)」、「URL を開く(U)…」を選択してください。

expressionencoder07

確認しておいたアドレスを入力して[OK]ボタンを押してください。動画が正しく配信されていれば再生されます。

expressionencoder08

以下が配信状態です。

expressionencoder09



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください