約3年半ぶりのメジャーアップデート「GIMP 2.8」を公開

以下で公開されています。
http://www.gimp.org/
画像の編集作業をする「イメージウィンドウ」と、筆やペンなどの編集作業ツールをまとめた「ツールボックス」、レイヤー管理、ブラシやパターンを変更するダイアログをまとめた「ドッグウィンドウ」などのウィンドウに分かれていたが、ツールバーの「ウィンドウ」-「シングルウィンドウモード」を選べば、シングルウィンドウモードに切り替わり、それらを1つのウィンドウにまとめられるようです。
ドッグウィンドウは、ダイアログを縦に並べるだけでなく、横に並べられるようになり、ワイド画面使用を考慮しているようです。
レイヤーをツリー構造で管理できるようになったようです。
XCF形式が保存で他の形式に保存する場合はエクスポートになったようです。
ベクター処理による複雑な描画が可能なライブラリ「Cairo」を利用できるようです。

gimp[1]

(参考)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120507/394905/



コメントを残す