Office 2007の保存形式設定

 

デフォルトの設定では、Office2003以前のバージョンでは扱えないファイル形式に保存されてしまいます。そこで、何も指定しなくてもOffice2003以前のバージョンで扱える形式に保存する設定方法を以下に説明します。

まず、Word 2007 を起動し、[Officeボタン](タイトル・バーの左上にあるOfficeのアイコン・ボタン)をクリックして、メニューの下端にある[Wordのオプション]を実行し、[Wordのオプション]ダイアログを表示させます。

image001

ダイアログ左側の項目一覧で[保存]をクリックして、[標準のファイル保存形式]を「Word 97-2003文書(*.doc)」に変更すれば、次回から保存形式の規定値が(???.doc)に変わります。

image002

次に、Excel 2007 を起動し、[Officeボタン](タイトル・バーの左上にあるOfficeのアイコン・ボタン)をクリックして、メニューの下端にある[Excelのオプション]を実行し、[Excelのオプション]ダイアログを表示させます。

image003

ダイアログ左側の項目一覧で[保存]をクリックして、[ファイル保存形式]を「Excel 97-2003ブック」に変更すれば、次回から保存形式の規定値が(???.xls)に変わります。

image004



コメントを残す