大事なファイルを隠す方法

大事なファイルを隠しておきたいとき、役に立つテクニックがWindowsの隠しファイルの設定です。
隠しファイルに設定したいファイルまたはフォルダを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
kakusi-folder01

対象のファイルまたはフォルダのプロパティのダイアログボックスが表示されますので、[全般]タブの[属性]の項目で、[隠しファイル]のチェックボックスをオンにし[OK]をクリックします。
kakusi-folder02

[属性の確認]ダイアログボックスが表示されますので、フォルダの中身をすべて隠したい場合は[このフォルダ、およびサブフォルダとファイルに変更を適用する]を選択し[OK]をクリックします。
kakusi-folder03

これらの隠しファイルは、[フォルダのオプション]から表示/非表示の切り替えができますので、非表示になっていることを確認します。
kakusi-folder04

[表示]タブの[詳細設定]にある[ファイルのフォルダの表示]の項目から、[隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない]を選択し、[OK]をクリックします。
隠しフォルダを表示する場合は[すべてのファイルとフォルダを表示する]を選択し、[OK]をクリックします
kakusi-folder05



コメントを残す