コマンドによるネットワーク接続「NET USE」

ネットワークパスワードの管理は、コマンドプロンプトで「NET USE」を使うことにより、ユーザー管理された共有にアクセスできるようです。

コマンドプロンプトで

net use x: ¥¥サーバー¥共有 パスワード /user:ドメイン(またはサーバー名)¥ユーザー名 /persistent:yes

を実行すると、Xドライブにユーザー管理された共有が割り当てられます。

/persistent:yes

というオプションは、ログオンするたびに現在の接続を復元するという意味なので、再起動しても設定は維持されると思います。



コメントを残す