1000BASE竏窒sと1000BASE竏窒sXの違い

とちらもUTPケーブルを使った1000Mbps通信ができる規格ですが、データ通信方法(技術)が違います。
この2つの規格は策定した団体が違います。
1000TはIEEE、1000TXはTIA/EIAです。
一般的に普及しているのは1000BASE-Tのほうです。
ケーブルは、1000Base-T はインハンストカテゴリー5、1000Base-TXはカテゴリー6を使用します。
転送性能は同じで、名前も -T に対して -TX と紛らわしいのですが、相互の互換性は無いようです。



コメントを残す