UPS(無停電電源)の選定計算

パソコン1台つなぐときは、たいていのUPS(無停電電源)は大丈夫ですが、
サーバーや複数の機器をつなぐときは、機器の選定に迷います。

UPSの出力容量にはW(消費電力)とVAが帰されていると思うので、
機器のWとVAの合計がUPSの出力容量を超えないように選定します。

機器にWとVAの両方が表示されているときは、WとVAを使います。
片方のみの場合は、以下の式を使ってWとVAを調べてください。
なお、起動時には大負荷がかかるため、余裕をもって容量選定を行ってください。

W=VA×力率
VA=W÷力率
VA=A×V

機器の力率例は、だいたい以下のとおりです。
 ●コンピュータ、ディスプレイモニター……0.6縲鰀0.7
 ●専用サーバー(入力力率を1に制御)……1.0



コメントを残す