ネットワーク上のExcelファイルの起動が遅い

ネットワーク上のExcelファイルを開こうとしても起動が遅いと問い合わせがあり、
「ネットワーク上のexcel 起動が遅い」でぐぐってみた。
以下の「Office プログラムが遅い、またはネットワーク上の場所からファイルを開くときに (ハング) を応答を停止する必要があります。」というサポート情報で対応したが、状況は変わらなかった。
http://support.microsoft.com/kb/833041/ja

以下の「Office File Validation (OFV) アドインがインストールされた Excel 2003 でネットワーク上のファイル共有から XLS ファイルを開く時に時間がかかる」というサポート情報で対応して、やっと解決。
http://support.microsoft.com/kb/2575312/ja
「プログラムの追加と削除」で「Microsoft Office File Validation Add-in」を削除することにより、開く時間は速くなりました。
ただし、再度、WindowsUpdateでインストールされることもあるので、以下のレジストリ操作で無効化します。
1)[レジストリ エディター] で、次のレジストリを見つけます。
HKEY_CURRENT_USERSoftwarePoliciesMicrosoftOffice11.0
2)上記のレジストリをポイントし、右クリックして表示されるショートカット メニューから、[新規]-[キー] をクリックします。
3)”新しいキー #1” を選択し、右クリックして表示されるショートカット メニューから、[名前の変更] をクリックします。Excel という名前に変更し、ENTER キーをを押します。
4)” Excel” をポイントし、右クリックして表示されるショートカット メニューから、[新規]-[キー] をクリックします。
”新しいキー #1” を選択し、右クリックして表示されるショートカット メニューから、[名前の変更] をクリックします。Security という名前に変更し、ENTER キーを押します。
5)” Security” をポイントし、右クリックして表示されるショートカット メニューから、[新規]-[キー] をクリックします。
6)”新しいキー #1” を選択し、右クリックして表示されるショートカット メニューから、[名前の変更] をクリックします。FileValidation という名前に変更し、ENTER キーを押します。
7)“FileValidation” を選択し、右クリックして表示されるショートカット メニューから、[新規]-[DWORD 値] をクリックします。
8) ”新しい値 #1” を選択し、右クリックして表示されるショートカット メニューから、[名前の変更] をクリックします。EnableOnLoad という名前に変更し、ENTER キーを押します。
9)“EnableOnLoad” をダブル クリックし、値のデータに 0 を設定し [OK] をクリックします。

なんか、手順が多く分かりにくいのですが、要は、
HKEY_CURRENT_USERSoftwarePoliciesMicrosoftOffice11.0ExcelSecurityFileValidation
に[DWORD 値]で「EnableOnLoad」を作成し、値のデータに 「0」 を設定するということです。



コメントを残す