労働保険年度更新申告書計算支援ツール(建設事業用)がすばらしい

労働保険年度更新申告書計算の各様式は毎年各労働局から配布されていますか、
今回、厚生労働省で配布されている「年度更新申告書計算支援ツール(建設事業用)」がすばらしい。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudouhoken01/yousiki.html
2,3おかしい部分もありますが、いろいろな部分が自動化されています。

シート「報告書(事業主控)」を開き、労働保険番号や会社情報を入力後、「事業の種類」を選択します。
事業の種類が違う場合は、次の表に移り入力します。

rosohokenkensetu01

工期を入力します。
着工日により、取り扱いが変わるのですが、表右側の文字が変わるのがわかります。

rosohokenkensetu02

請負代金の額で「賃金で算定」を選択すると、「賃金総額」に直接入力することができ、括弧書きで表示されます。
その他は、請負代金の額から比率で計算されます。
これですべての工事を入力し、シート「申告書記入イメージ」で基本情報(送付されてくる書類に記入済みです)を入力すると完了です。

rosohokenkensetu03

プリンタによると思いますが、印刷レイアウトがおかしい場合があります。
その場合は、ページ設定で「ページ」タブを選択し、「次のページ数に合わせて印刷」で「縦」にページ数を指定するとうまく印刷されると思います。

rosohokenkensetui04

また、僕のだけかもしれませんが、Excel 2010 じゃ開けませんでした。



コメントを残す