DoScan.exe の CPU 使用率が極端に上昇

Symantec AntiVirus Corporate Edition (SAVCE) 10.0 や Symantec Client Security (SCS) 3.0 をインストールしてコンピュータを再起動した後、タスクマネージャを確認すると DoScan.exe の CPU とメモリの使用率が極端に上昇している。
しばらくすると DoScan.exe は終了するが、その後 RTVScan.exe のメモリ使用率が 40MB 近くにまで上昇する。
この現象は、システム起動時に自動的に実行される自動生成クイックスキャンや、ウイルス定義更新時に実行される Defwatch クイックスキャンが原因で発生します。
クイックスキャンの機能は、以下の 2点のみをスキャンすることでシステムがウイルスに感染しているかどうかを素早く検査できる機能です。
・メモリにロードされているファイル
・一般的にウイルスのロードポイントとして使用されるフォルダや、レジストリエントリに指定されているパス

無効にする方法は、以下に説明されています。
http://www.symantec.com/business/support/index?page=content&id=TECH101176&locale=ja_JP



コメントを残す