「Serial ATA → ATA 変換基板」で旧パソコンでもSATAディスクが使えます

玄人志向 インターフェースボード Serial ATA → ATA 変換基板 SATAD-IDE
http://tbrc.jp/kcJane4Q
以下の部分を接続します。

P1000555

パソコン側の電源ケーブルとパラレルケーブルを以下の部分に接続します。

P1000556

以下のディップスイッチでスレーブ、マスター、ケーブルセレクトを切り替えられます。

P1000557

ドスパラで買ったので1,650円でした。
http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2234220&pid=878366984&vcptn=175195-176291
価格.comでの最安値だと500GBのIDEが6,019円でした。
SATAだと3,265円なので、変換基板込みでも1,000円程安くなります。
ただし、変換基板がはいるスペースが必要ですので、省スペース型では無理かもしれませんね。



コメントを残す