スクラップ機能

文書の一部を保存しておきたいときは「スクラップ」機能を使うと便利です。
作成したスクラップは、あとから表示して編集したり、アイコンをドラッグして
別の文書に挿入したり出来ます。
クリップボードを使った貼り付けとは違い、ファイルとして作成されるため、
自分で削除するまでいつまでも利用できます。

1)貼り付けたい箇所を選択して、そのままデスクトップへドラッグします。
sklap1

2)文書のスクラップが作成されます。
sklap2

3)そのアイコンをダブルクリックすると、先ほど選択した部分だけの文書が表示されます。
sklap3



コメントを残す