東日本に電波時計の時刻情報を伝える福島県の送信所が送出を停止

福島原発に伴う避難指示に従い、福島県にある日本の標準時刻を伝えるための施設「おおたかどや山標準電波送信所」において、電波の送出を停止した。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110313/358261/

日本標準時の電波を送出する施設は2つあり、おおたかどや山標準電波送信所はその一つ。
40kHzの送信周波数を使っている。もう一つの送信所は、佐賀県佐賀市富士町と福岡県糸島市境界の羽金山山頂付近にある「はがね山標準電波送信所」で、こちらは60kHzの周波数を使っている。

ちなみにおおたかどや山標準電波送信所の場所は、
福島県田村市都路町と福島県双葉郡川内村の境 大鷹鳥谷山山頂付近

そういえば、被爆さわぎになった病院は、
双葉病院だったよな。



コメントを残す