災害用伝言ダイヤル「171」と伝言板の使い方

「171」は、固定電話向けの、被災地エリアで使用できるサービスで、状況に応じてNTTが使用エリアを決めるもの。

被災地を中心に都道府県単位で行われ、被災地内の電話番号をメールボックスにして安否などの情報を音声によって登録・確認できるサービスです。

(注)どの携帯電話からも混雑時には基本的につながりにくくなります。混雑が収まれば携帯からももちろんつながりますが、緊急時では固定電話で使うサービスだと基本的に認識しておいたほうがいいでしょう。

<伝言の保存方法>

利用方法は「171」をかけるとガイダンスが流れて、そのあと「1」をかけ電話番号を入れると一つの伝言あたり30秒の録音ができます。その音声の伝言は48時間保存されます。

<伝言を聞く方法>

「171」をかけたあとに「2」をかけて被災地の方の電話番号を入れれば音声の再生が可能になります。

img_20110312T170042250



コメントを残す