パスワードが空白ではリモートデスクトップ接続はできない

http://support.microsoft.com/kb/303846/ja

パスワードが空白のユーザーは、リモートデスクトップ接続はできません。
「アカウントの制限によってログオンできません。」
というメッセージがでます。

この現象を回避し、リモート デスクトップ接続を確立できるようにするには、コンピュータのコンソールにログオンし、そのユーザー アカウントのパスワードを設定して、NULL でなくなるようにします。

また、他に、以下の方法で、ポリシーを使用して、空のパスワード制限を無効にすることができます。

1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をポイントして、gpedit.msc と入力し、[OK] をクリックして、グループ ポリシー エディタを起動します。

2. “コンピュータの構成¥Windows の設定¥セキュリティの設定¥ローカル ポリシー¥セキュリティ オプション¥アカウント: ローカル アカウントの空のパスワードの使用をコンソール ログオンのみに制限する” を開きます。

3. [ローカル アカウントの空のパスワードの使用をコンソール ログオンのみに制限する] をダブルクリックします。

4. [無効] をクリックして、[OK] をクリックします。

5. グループ ポリシー エディタを終了します。



コメントを残す