Windows Live メール

先日、「Windows Live Writer」をインストールしたとき気づいたのですが、

Outlook Express の後継という触れ込みで、「Windows Live メール」が

フリーで公開されています。

HotMailに統合すると便利みたいな説明してありますが、

単にOutlook、Outlook Expressに続く第3のメーラーとして、

普通のプロバイダーメールを設定しても使えます。

操作方法も前述のメーラーに似てたりしますから、

第3のメーラーとして「Thunderbird」を選択するよりも、アリかなと思います。

 

まず、以下のサイトにアクセスし、「Windows Live メール」をダウンロードします。

http://download.live.com/

以下の画面の右側の「ダウンロード」をクリックします。

image001

 

ダウンロードした「wlsetup-web.exe」を実行します。

以下の画面が起動したら、「メール」のみをチェックして「インストール」をクリックします。

image002

 

以下の画面ですべてのチェックをはずし、「続行」をクリックします。

image003

 

以下の画面で「閉じる」をクリックするとインストール終了です。

image004

 

「プログラム→WindowsLive→WindowsLiveメール」を選択すると「Windows Live メール」が起動します。

image005

 

初回起動時に、既存のメール設定によっては、メール設定が自動的に行なわれます。

行なわれた場合、下図のようにそのアカウントを右クリックして、「アカウントの削除」を選択します。メール設定が自動的に行なわれなかった場合、そのまま、Windows Live メールのアカウント設定を行なってください。

image006

 

メール設定するには、「保存フォルダ」をクリックして、「アカウントの追加」をクリックします。

image007

 

「電子メールアドレス」「パスワード」「表示名」を入力します。

「電子メールアカウントのサーバー設定を手動で設定する」をチェックし、「次へ」をクリックします。

image008

 

以下の画面で、「受信サーバー」「ログインID」「送信サーバー」などをを入力します。

最近、高度なセキュリティ設定をさせるプロバイダが増えてきたので、「送信サーバーは認証が必要」とかサーバーポートがここで設定できるのはうれしいですね。

OutlookやOutlookExpressは、設定後に改めてアカウント設定の変更を行わなくてはならなかったので・・・

すべて入力したら、「次へ」をクリックします。

image009

 

以下の画面で「完了」をクリックします。

 
image010

 

なお、「Windows Live メール」では、「サーバーにメッセージのコピーを置く」が規定値になっています。

メール量の多い人は、サーバーパンクさせないために残さないように設定しましょう。

 

下図のようにアカウントが作成されますので、アカウントを右クリックし「プロパティ」を選択します。

image011

 

以下の画面で「詳細設定」タブを選択し、「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

image012

 

これで、基本的なメール設定は終了です。

しばらく、使ってみようと思います。



コメントを残す