過去のウィルスには無力?感染防げない最新対策ソフト

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0709/14/news028.html

ドイツで販売されたMedionのノートPCが、1994年に見つかったブートウイルス「Stoned.Angelina」に感染していた問題で、現代のウイルス対策ソフトの中にはこのウイルスを適切に処理できない製品が多数あることが判明したようです。

主要メーカーのウイルス対策ソフト10製品を使ってテストを実施した結果、Windows XPとVistaでStoned.Angelinaをちゃんと検出・削除できたのは3製品のみだったそうです。



教訓があるとすれば、昔のウイルスはすぐに姿を消してしまうものではないということだろうということです。



コメントを残す