やっと、NTTドコモもパソコン向け定額パケット通信開始

NTTドコモ,パソコン向け定額パケット通信サービスを10月下旬に開始:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070913/281863/
NTTドコモは2007年9月13日,パソコンにFOMA対応端末を接続してデータ通信をするための定額料金制サービス「定額データプラン」の提供を,10月22日に開始すると発表した。

料金は最大通信速度が3.6Mb/sの「HIGH SPEED」プランが2段階制で,月間50万パケットまでは月額4200円

50万パケットから100万パケットまでは4200円に1パケット当たり0.012円が上乗せ

100万パケット以上は上限料金である月額1万500円となる。

上りと下りの最大通信速度が64kb/sの「64Kプラン」は月額4200円の定額料金である。

なお,インターネット接続料が別に必要になる。 

新サービスを利用できる端末は,携帯電話機では「904i」シリーズなど9機種である。さらにHSDPA通信機能を搭載したパソコンが,ソニーと富士通から10月以降順次,4機種発売される。

ただし,利用にはいくつかの注意点がある。まずインターネットへの接続には別途,同社が提供する定額対応のインターネット接続サービスを契約する必要がある。定額データプランHIGH-SPEEDの場合は「mopera U U定額HIGH竏担PEEDプラン」(月額840円)または「ビジネスmoperaインターネット(HIGH-SPEED)」(月額630円),定額データプラン64Kの場合は「mopera U U定額64Kプラン」(月額525円)または「ビジネスmoperaインターネット(64K)」(月額315円)を併用しなければならない。

 次の注意点は,定額プランで利用できるアプリケーションに制限があること。「大容量のデータ通信は周波数をひっ迫するので,細かい制限を設けた」(NTTドコモ)という。メールの送受信(SMTP/POP3)やWebの閲覧(HTTP/HTTPS)は可能だが,動画ストリーミング,FTP,VoIP(voice over IP),P2P(peer-to-peer)のアプリケーション,オンライン・ゲームなどは利用できない。



コメントを残す