EXCEL VBAでのファイルのパスについて

EXCEL VBAでのファイルのパスについて
以下の変数覚えておくと便利です。

Application.Path(エクセル本体のパス)

ThisWorkbook.Path(コードが記述されたブックのパス)

ThisWorkBook.FullName(コードが記述されたブックのフルパス)

<コードの記述例>
Sub Macro1()
Range(“A1”).Value = Application.Path
Range(“A2”).Value = ThisWorkbook.Path
Range(“A3”).Value = ThisWorkbook.FullName
End Sub

<実行結果>
excel-pathval



コメントを残す