「Google Chrome」の最新版「5.0.375.55」

「Google Chrome」の最新版「5.0.375.55」は、「最も高速なChrome」ということだ。

chrome51

アップデートすると、バージョンが「5.0.375.55」となった。
「最も高速なChrome」というのは、オーバーに感じるが、確かに速くなった気がします。

chrome52

なお、同期機能が強化され、ブックマークだけでなくテーマやホームページ、起動方法、主要言語などの設定を、あるパソコンから別のパソコンに反映させられる。
オプション画面を起動してみると、「個人設定」タブの「同期」の項目に「カスタマイズ」というボタンが追加されていた。

chrome53

以下のように「設定」と「テーマ」がチェックできるようになっていた。

chrome54

前版(Chrome 4)からの主な変更は以下の通り
高速化:JavaScriptエンジン「V8」の改良によりWebアプリケーションの稼働を高速化した
HTML5対応:HTML5のジオロケーション、アプリケーションキャッシュ、Web Sockets、ファイルのドラッグ&ドロップといった機能に対応した。「ブックマークマネージャ」もHTML5を採用して改良した
同期機能の拡大:これまでのブックマークに加え、テーマ、ホームページ、起動時の設定などのプリファレンスも同期できるようになった
プライバシー強化:Incognito(シークレット)モードでの拡張機能のインストールが可能になった
脆弱性への対処:2件の「高リスク」を含む6件の脆弱性を修正した

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100526/348469/



コメントを残す