CPDの入札参加者資格格付けへのウェイト

CPDの入札参加者資格格付けへのウェイトがけっこう高くなっています。

以下のサイトにまとめてありました。

http://www.ejcm.or.jp/06CPDShyoukarei2.html

<熊本県>
http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/91/22kakudukeminaosi.html
熊本県の「平成22年度熊本県工事入札参加者資格審査における格付基準」を見てみると
100ユニット以上取得(平成21年9月30日現在)していると、20ポイントもらえます。
ISO9000、14000両方取得していて20ポイントなので、けっこうな高ポイントです。

<宮崎県>
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/doboku/kanri/sankasikaku_shinsei/index.html
ただし、各県によってウェイトが違うようで、宮崎県では、
ISO9000、14000両方取得していて20ポイントに対して、CPDS100ユニット以上取得(平成19 年10月1日?平成21 年9 月30 日)で10ポイントでした。

その他の県では、

<鹿児島県>
期間(平成15年4月1日~平成20年3月31日)でCPD 20ユニットごとに1点を加点(最高10点
ISO9000取得で20点

<兵庫県>
CPD 20ユニット取得している社員が在籍している場合、6点
ISO9000 16点、ISO14000 16点

<島根県>
100ユニット以上取得していると、5点もらえます。

<山口県>
100ユニット以上取得していると、10点もらえます。
ISO9000取得で20点

<長崎県>
審査対象特定日 (10月31日)の直前1年間において、100ユニット以上取得していると、20点もらえます。



コメントを残す