EXCELで余分な空白を取り除く関数TRIM関数

TRIM関数文字列の中から余分な空白を取り除く関数です。
ただし、余分な空白の取り扱いがちょっと複雑で、連続した空白としたほうがいいかも・・・

計算式の使用例

=TRIM(”鈴木□□□□□□一郎”)鈴木一郎
文字列の中から余分な空白を取り除いた結果が求まります。この例では、元の文字列に半角の空白が4文字あり、この連続している空白の部分を、1文字分の空白にしています。

=TRIM(”鈴木一郎“)鈴木一郎
文字列の前後にある空白も余分なものとして扱われ、取り除かれます。ただし、文字と文字の間にある空白は除外されません。

=TRIM(”□□□□□□□□□□□□□□“)
同様に文字列の前後にある空白は取り除かれますが、文字と文字の間にある空白は、1文字分残ります。



コメントを残す