OpenOffice.org 2 日本語版 のプレゼンテーション「Impress」のみをインストール

「Impress」は、マイクロソフトのパワーポイントに相当するプレゼンテーションソフトで、無料で使うことが出来ます。
また、パワーポイントで作ったファイルも読み込むことが出来ます。
パワーポイント2007が、現在2万円以上しますので、
そろそろ脱マイクロソフト考えたほうがいいかもしれません。
http://kakaku.com/item/03206020381/

以下にインストール方法を説明しますので、試してみてはいかがでしょう。

まず、インストールプログラムのダウンロードです。
以下のサイトにアクセスし、「最新版ダウンロード」をクリックします。
http://ja.openoffice.org/
「Windows」をクリックするとWindows版のインストールプログラムがダウンロードされます。
100MB近くありますので、辛抱強く待ってください。

ダウンロードが完了したら、インストールの開始です。
ただし、標準でインストールすると、エクセルやワードなどオフィスソフトの環境も変わってしまいますので、説明を注意深く読んで、インストールしてください。

ダウンロードしたファイルを実行します。
現在、最新版は「OOo_2.1.0_Win32Intel_install_ja.exe」のようです。
以下の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。
impress-_img001

以下の画面が表示されたら「展開」をクリックします。
impress-_img002

以下の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。
impress-_img003

以下の画面が表示されたら、「使用承諾契約の条項に同意します」を選択し、「次へ」をクリックします。
impress-_img004

以下の画面が表示されたら、ユーザー名と所属を入力し、「このコンピューターを使用するすべてのユーザー」を選択し、「次へ」をクリックします。
impress-_img005

以下の画面が表示されたら、「カスタム」を選択し、「次へ」をクリックします。
impress-_img006

以下の画面が表示されたら、「OpenOffice.orgプログラムモジュール」をクリックし、「この機能は利用できません」を選択します。
impress-_img007

次に「OpenOffice.org Impress」をクリックし、「この機能およびすべてのサブ機能はローカルハードドライブにインストールされます」を選択し、「次へ」をクリックします。
impress-_img008

以下の画面が表示されたら、「Microsoft PowerPointプレゼンテーション」をチェックし、「次へ」をクリックします。
impress-_img009

以下の画面が表示されたら、「インストール」をクリックします。
impress-_img010

以下の画面が表示されたら、インストール終了です。「完了」をクリックしてください。
impress-_img011

次に初期設定を行います。

スタートメニューより「プログラム→OpenOffice.org 2.0→OpenOffice.org Impress」を選択します。
impress-_img012

最初に起動したときだけ以下の画面が表示しますので、「次へ」をクリックします。
impress-_img013

以下の画面が表示されたら「下にスクロール」をクリック後、「同意する」をクリックします。
impress-_img014

以下の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。
impress-_img015

以下の画面が表示されたら、名、姓、イニシャルを入力し、「次へ」をクリックします。
impress-_img016

以下の画面が表示されたら、とりあえず「登録しない」を選択し、「次へ」をクリックします。
impress-_img017

以下の画面が通常のImpressの起動画面です。
「種類」を選択し「完了」をクリックするとImpressが起動します。
impress-_img018

なお、使い方は
http://ooosupport.good-day.net/ja/documents/manual/#openguidebook-OOo2.0
に、OpenOffice.org2.0の解説書「オープンガイドブック OpenOffice.org 2.0」の全文がPDF形式にて公開されています。
OpenGuideBook_04.pdf
が、impressの解説です。



コメントを残す