Excel でSQL文を使う場合の表は計算式の結果も扱える

http://yorozuya.miraiserver.com/wp/?p=5154

で紹介したExcel でSQL文を使う場合の表は計算式の結果も扱えるようです。
以下のように「金額」の項目には、「単価×数」の式を記述しておいてもOKです。

excelsqlsiki1

以下のようなVBAソートを記述し実行させます。

Sub text()
Dim cn As ADODB.Connection
Dim rs As ADODB.Recordset
Dim xl_file As String
xl_file = ThisWorkbook.FullName
Set cn = New ADODB.Connection
cn.Provider = “MSDASQL”
cn.ConnectionString = “Driver={Microsoft Excel Driver (*.xls)};” & _
“DBQ=” & xl_file & “; ReadOnly=False;”
cn.Open
Set rs = New ADODB.Recordset
sql = “Select 金額 from [Sheet1$] where ID=2”
rs.Open sql, cn, adOpenStatic
MsgBox rs(“金額”).Value
rs.Close
cn.Close
End Sub

結果、以下のように表示されます。

excelsqlsiki2



コメントを残す